時間にこだわるな、相手の女が満足出来ないのが早漏

早漏は一般的に3分以内に射精する状態とされますが、肝心なのは時間よりも相手の女性を満足させられるかどうかです。
3分で女性が満足してくれるなら、その状態は早漏とは呼びません。
ただ、実際に3分で満足してくれる女性は少なく、大抵は7~11分以上は必要となります。
男性のオーガズムに対して、女性は4~5分程度長くなっているのです。
多くの女性が満足できない理由は、オーガズムに達する前に男性が射精してしまうからです。

SEXするときは自分が早漏であることは忘れたほうがいいでしょう。
意識するほど早くなってしまう可能性が高いので、女性を満足させることに集中しましょう。
そうすることでピストン運動を遅くしたり弱くしたりして、射精のタイミングを調整することができます。
いきなり暴発してしまう方は意外と少なく、段階的に快感が高まって最後に射精するパターンが多いでしょう。
快感がかなり強くなってきたらピストン調整をして、射精まで遅らせるようにしましょう。

仮性包茎の方は早漏になりやすい傾向がありますが、これは亀頭が刺激に弱いからです。
普段包皮に包まれていると亀頭が粘膜質のままであり、SEXの刺激に耐えられないのです。
ある程度皮膚化させたほうがいいので、普段から包皮をむいておく癖をつけておくといいでしょう。
興奮に弱くて暴発してしまう男性は、パートナーとのSEX経験を増やせば改善することが多いです。
慣れないうちは興奮のコントロールが難しいので、思いのほか早く射精しやすいのです。
経験を積むことで冷静にSEXを楽しめるようになるので、焦らずに場数を踏みましょう。
勃起不全が原因の早漏ならば、ED治療薬を服用するのも効果的です。
特に中高年になって急に早漏になった場合は、EDが原因である可能性が高いです。

■早漏は治療すれば治るものなので諦めてほしくないです
早漏克服に取り組みませんか?